MENU

浴槽交換のリフォーム業者の料金は?

浴槽の交換を考えた時、「浴槽の交換のリフォームっていくらぐらいかかるの?」「浴槽の交換のリフォームの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数の浴室リフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえず浴室リフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で活用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山の浴室リフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

匿名で概算を知りたい 今スグ交渉したい!!

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

マンションの浴槽交換、お風呂の広さと浴槽サイズ

マンション浴槽交換

 

マンションに住んでいて備え付けの浴槽がおもったよりも狭かったり、年数が経つにつれて劣化してしまったときには、浴槽交換をしてしまう方が良いでしょう。浴槽だけを交換できるのかということでは、どういう形になるのかはふたつのタイプによって変わってきます。主にわけると床面に埋め込まれているタイプと独立した形で置かれているタイプの2つです。この2種類ではお湯を抜く栓と排水口が直接つながっているのか、それとも間接的につながっているのかという違いもあります。

 

そして、浴槽交換をするときにはさらに重要になるのお風呂の広さと浴槽サイズです。風呂の広さというとどのような種類があるのかというと、マンションタイプでしたら小さいものでしたらお風呂の内寸が1.1メートル?1.6メートルとなる1116サイズ、大きいものでしたら1.6メートル?2メートルの1620サイズと言った具合になります。浴槽はお風呂の端に設置されることになるので、幅はお風呂の短い幅である1.1メートルや1.6メートルにあわせていきます。これをもとにサイズは800サイズ、900サイズ、100サイズというような商品のカテゴライズが行われています。

 

では、幅があっていれば奥行きはこれまでよりも広くする事ができるのかというと、それが出来るかどうかはお風呂がどのような形になっているのかと予算によります。浴槽の横にドアがあるならば、これまでよりも大きくにしてしまうと開閉が出来なくなってしまう可能性があります。その問題を解決して奥行きを広くしたいというときには、無駄な配管スペースを節約して広さを変えている製品と交換したり、壁を工事してお風呂全体を広くする方法が考えられます。新しいタイプの浴槽に切り替えるのであれば、そこまで大きな出費ではありませんが、お風呂全体を広くするとなれば壁を移動させたり薄くしたりしなければいけないので大掛かりな工事となります。それなりの費用が必要です。

お風呂・浴室リフォームを依頼する際の3つのポイント

浴槽交換費用

 

お風呂は水を頻繁に使用するため、湿気がこもりやすく設備は経年劣化しやすい部分です。丁寧に使用していても他の設備と比べて劣化がしやすいので、壊れていなくても汚れが目立ったり使いにくいと感じた浴室リフォームをすることをおすすめします。浴室リフォームをすることで、今までの浴槽や蛇口、床材などをすべて取り除いて全て新しい設備を導入することができるので、今までとは全く違った配置にすることが可能になります。そのため依頼をするときは自分の理想となるお風呂を思い浮かべてから、リフォームの相談をすることがポイントです。

 

現在はユニットバスが主流になっていますが、タイル風呂からユニットバスにリフォームした場合、これまでよりも浴槽を大きくすることも可能になります。浴槽を大きくすることで足をのばしてゆったり入ることできますが、今後のことを考えて手すりをつけたり、腰かける部分がある浴槽を選ぶというのもポイントです。元から手すりなどがついた浴槽であれば、介護をするときに後付けをする必要がありませんし、お子様も安心して入浴ができます。そしてもう1つのポイントは、浴槽だけでなくお風呂の窓や換気についても考えることが大事です。

 

お風呂は湿気がたまりやすくカビが生えやすいので掃除が大変になりますが、窓を大きくしたり乾燥機能がついていることで湿気を抑えることが可能です。また窓が大きいと昼間は明るくなりますが、防犯面では外側に格子をつけるなどの対策も必要になります。その他のポイントとして、浴室だけでなく脱衣所も一緒にリフォームをするという方法もあります。脱衣所と浴室の温度差があると、ヒートショックになる可能性もあります。お風呂だけ綺麗な状態で、脱衣所は以前と同じままだというのは少し残念ですから、浴室リフォームを依頼するときに脱衣所もリフォームすることで、統一感を出すことができます。脱衣所をリフォームすると同時にヒートショックがおきないように暖房設備を備えるのも良いでしょう。

お風呂の浴槽リフォームに必要な工事って?

浴槽交換申込

 

現在のお風呂はユニットバスが主流になっているため、浴室リフォームを行うときには浴槽を取り替えるだけでなく、排水管の位置を変更したり床材や内装材を取り替えることになります。浴室リフォームを行う場合、今までタイル風呂だったものからユニットバスに変更することが多くなっています。その場合は今までのお風呂を全て取り壊していく作業から始まります。

 

床や側面に貼られていたタイルを全て剥がして、浴槽から蛇口まで全て取り外して枠組みだけの状態にします。それから内装を形作っていくので、この時に窓の大きさを変更することも可能です。また浴槽や洗い場の位置も変更することができるので、その場合は配管工事も行います。位置の変更がない場合にも、水まわりの設備は劣化がしやすいので部品を新しいものに交換することがあります。排水設備や電気系統の工事を行ったら、ユニットバスの部品を搬入して浴室で組み立てていきます。

 

組み立てるだけなので、土台工事が行われていれば1日ほどで仕上げることができます。その後、浴室に入るためのドアを取りつけたり、最終確認をして浴室リフォームは終わりになります。ユニットバスからユニットバスにリフォームするときは、土台がしっかりしていて基礎工事がほとんど必要ないため、リフォームするための時間は短くて済みます。タイル風呂からリフォームをするときは、既存のお風呂を解体するための時間の他に、ユニットバスを設置するための基礎工事が必要になります。配管の上に土間コンクリートを設置して安定感を得られるようにしなければなりませんから、その作業に1日ほどかかることになります。浴室リフォームをするときは、浴槽の位置を変更するだけでなく、お風呂でテレビや音楽を楽しめる機材を導入したり、浴室乾燥機能やミストサウナが楽しめる機械を備え付けることが可能です。今までのお風呂を全て取り壊して、全てを新しくすることができ新築のような設備になります。

お風呂水栓とシャワーを交換する費用

浴槽交換見積もり

 

お風呂水栓の寿命は約10年程度とされています。そのため10年を目安に水栓の交換をするのが理想的です。費用の相場としては1万円台で収まるケースもあれば4万円程度になる場合もあります。これは水栓の費用や作業代、そして出張費用など色々な面が絡んでくるためです。水栓自体はインターネットなどで簡単に購入できるため、前に使っていたものがまだあればそれを用意していけば大丈夫です。気をつけておきたいのは10年程度経過してそのメーカーの製品がもう存在しない場合です。こうなるとそれに似せたものなどを用意しなくてはならず大変です。

 

自前でシャワーヘッドや水栓を用意する人の中には自分でやってしまおうとする人もいます。そうすれば費用は抑えられますが、蛇口周りをいじることはとても神経を使う行為です。下手にいじってしまえば、そこから水漏れをしてしまい結果的に業者を呼ばなくてはならず、最初から呼んでおけばこんなことにはならなかったという状況に追い込まれてしまいます。自前で用意する場合でも以前使っていたものがあった時に限定し、用意するだけ用意してあとは業者に任せておけば費用をある程度抑えられます。

 

シャワーヘッドは簡単に取り外せるものが多いため、特に問題はありませんが蛇口からシャワーヘッドまでの管まで交換する必要がある場合は必ず業者に頼むことをおすすめします。やはりその部分がナーバスになりやすく、水漏れを起こしやすい部分だからです。少しでも安くしようとすると最終的には高くついてしまうのが水回りの恐ろしい部分です。事前相談をしても無料、出張費も安価に設定されているようなところで水回りのリフォームにも対応しているような業者にお願いするのが大切です。水回りに関しては少しでも異常を感じたり違和感を感じたりした場合には業者に見てもらうことで急な水漏れに対応できるだけでなく未然に防げます。平均的な費用は2万円から3万円程度なので、その範囲でなんとかしたいところです。

お風呂修理とお風呂リフォームを比較

浴槽交換口コミ

 

お風呂の調子が悪くなってきたときは、お風呂修理をするかお風呂リフォームをするか迷うものです。ちょっとした不具合であれば、お風呂修理の方が短時間でできる上に、費用も安く済ませられるメリットがあります。しかし、不具合の程度によっては、簡単に修理することができないため、かなりの出費を覚悟しなければなりません。こうなると、お風呂修理をするのではなく、思い切ってお風呂リフォームをした方が得になる可能性があるわけです。もちろん、料金面だけで決めてしまうのは好ましくありません。さまざまな観点から、お風呂修理とお風呂リフォームを比較してみることが大切です。

 

まず、どのような業者に依頼すればよいかを考える必要があります。得意としている作業がお風呂修理なのかお風呂リフォームなのかは、業者によって異なっているのです。しっかりとした作業をしてくれる業者に依頼しないと、高い料金を支払ったのに仕上がりに満足できない可能性があります。

 

お風呂修理の場合は、不具合が生じている部分だけに手を加えることが多いです。これに対し、お風呂リフォームを行うときは全体的な作業をすることになります。作業の進め方は業者ごとに違っているわけですが、基本的な部分は共通しています。料金がどのくらいかかるかについては、相場を確認しておくことが重要です。相場と比較して、あまりにもかかったり安かったりする業者は、避けた方が望ましいといえます。お風呂修理、お風呂リフォームともに、できるだけ壊さないように作業を進めていくのが一般的になっています。作業に要する期間が長くなってしまうと、それだけお風呂を使えない日々を過ごすことになって不便です。作業の進め方、料金の見積もり、作業期間について、あらかじめ業者に確認しなければなりません。見積もりが不十分だと、作業に入ってから別の料金が発生するなどのトラブルにつながりやすいです。毎日水を使うお風呂は、中途半端な作業で済ませると再び修理が必要になるため、一度で完了させることが大切です。